HOME>アーカイブ>歯並び悩みは矯正歯科で改善可能!口内コンプレックス解消術

歯並び悩みは矯正歯科で改善可能!口内コンプレックス解消術

治療

歯並びコンプレックスを解消

歯並びコンプレックスは人それぞれですが、年齢や成長過程に合わせて解消すると効果的であると言われています。例えば、歯も骨も成長過程であれば、顎を動かしたりして全体的な矯正を行うことも可能です。しかし、大人になってしまうと成長は止まっており、骨や歯にダメージを与えてしまう場合もあるため、全体的な矯正をするときは矯正歯科で相談しましょう。

従来の矯正装置とマウスピース矯正の違い

従来の矯正装置とは

昔から今までよく行われていた矯正治療はワイヤー矯正というもので、歯にワイヤーを装着して行なうものです。小さな子どもから大人まで受けられるものですが、目立つのが欠点でした。

マウスピース矯正とは

マウスピース矯正というのはワイヤーを装着するのではなく、その名の通りマウスピースをはめて治療するものです。そのため、取り外し可能となっています。また、マウスピースも透明なものを使用するので目立ちません。

費用を把握しておこう

一般的な歯科矯正治療、歯列矯正は原則、保険適用がありません。これは自費治療と言われ、治療費全額が自己負担となるためどうしても歯科矯正の治療は高額になります。歯医者で事前に見積を取り、その明細や追加料金の有無についてしっかり確認しておきましょう。

矯正治療の基本の流れ

院内

初診の相談&カウンセリング

歯医者へ行ったら、まず受付を済ませます。そのあと、カウンセリングなどを受けることとなるでしょう。歯の矯正は、特に時間も費用もかかる治療のため、カウンセリングに時間をかける必要があります。カウンセリングでは、歯の状態を目視で把握したり、治療内容に関する相談をしていくでしょう。

精密検査をする

矯正治療を受けるとき、歯の状態を診ていくので検査が行われます。レントゲンを撮り、歯並びや顎の状態を診ていくでしょう。

治療計画の説明

検査結果が出ると、歯医者から今後の治療計画や治療の詳細について説明があります。聞き逃さないようにしないと後でトラブルになりかねないので、きちんと聞きましょう。そして、説明に納得がいけば、いよいよ治療開始です。

矯正治療と保定

矯正治療は、歯の健康を守るための歯磨き指導や口腔内清掃に始まって、装置装着などの動的治療に移ります。しかし、装置が取れた後の歯は放っておくと動いてしまうので、安定するまで動かした歯を支える保定装置を装着するのです。